会議

大学でのペーパーレス会議

ノートパソコン

やはり、従来であれば会議には参加者分の膨大な資料の印刷、そしてそれの配布をしなくてはなりませんでした。印刷するのに紙を使い、インクを使い、配布に時間を使うなどよくよく考えてみればかなり非効率です。しかも使った紙は使い捨て。会議以外の単純作業で時間が使われることは合理的ではありませんね。そんな時間があったらもっとためになることに時間を使えるし、印刷の費用が浮くだけでどんなに助かるか。
スマートデバイスでそんな悩みは一気に解決します。現代の時代のニーズに合わせてスマートデバイスをどんどん活用していくことはもはや必須項目です。最近のペーパーレス会議の製品は扱いやすいだけでなく、セキュリティ面でも安心できます。ある大学では電子機器に対して厳しいセキュリティポリシーを設定していて職員のパソコンはシンクライアントで動作させているのでデータのやり取りに使えるUSBメモリも厳格にセキュリティを守っています。
そんなセキュリティポリシーの中、機密事項を多く含む会議資料を扱うシステムもあってそれなら安心して会議にも使用できているそうです。スマートデバイスに資料を残さずサーバーから一定期間たったら自動で削除される機能を持ったペーパーレスシステムであれば、会議後に資料を回収し破棄する手間が省けるとともに、手間の軽減による人件費削減であらゆることが合理化できます。

TOP